自由が丘・銀座を中心にマンツーマンで施術する美容師mikaの美容コラムです。おすすめヘアケア剤や石けんシャンプーについても書いているので読んでみてね♪

石けんシャンプー注意点

合成シャンプーから石けんシャンプーに切り替えたばかりの頃は
髪がかなりギシギシ・ゴワゴワします。

それまで合成シャンプーにより、保湿されていたりコーティングされていたものが
全て取れてくるからです。

髪が落ち着くまで(石けんシャンプーに慣れるまで)はだいたい3ヶ月かかると
言われています。

髪が傷んでいる人は特に扱いづらく感じます。
枝毛や傷んでいる部分はカットして下さい。
傷んだ部分は石けんシャンプーにしても治りません。

たいていの方が耐えられず挫折してしまうことも多いのですが
ここを乗り越えればあなたの髪に『天使の輪』が復活するのですよ!

新しく生えてきた毛が健康でツヤツヤになるのです。

ちょっと頑張ってみて下さいね。




★カラーで注意すること

ヘナ以外のカラー材で染めている人は、染めても石けんシャンプーをすると
びっくりするほど早く色が抜けます。

色が抜けることを計算して色作りするか、ヘナに変えることをオススメします。

石けんシャンプーとヘナはとても相性がいいです。



★パーマで注意すること

石けんシャンプーを続けていくとパーマがかかりづらくなります。
パーマがうまくかかったとしても、石けんシャンプーはパーマは取れやすくなります。

パーマをかけるときは前後一週間くらいは石けんシャンプーをやめて
合成シャンプーを使うことを(不本意ですが…)オススメします。

パーマは一週間くらいかけてゆっくりと安定していきます。
この期間が重要で、よくないことをするとパーマが取れるばかりでなく傷みますので
気をつけて下さいね。



★髪質が変わります

石けんシャンプーをしている髪は、合成シャンプーをしている髪とは全く別物になります。

美容師の中でも『石けんシャンプー』を理解していない人はたくさんいますので
「傷んでますね〜」と言われても気にしないで下さいね。
トリートメントを勧められてもしないで下さい。
(せっかくとれたコーティングをまたすることになっちゃいます…)

石けんシャンプーでイタミを感じる場合は、まずイタミをカットすることが第一ですが
セルフケアで椿油などを使ったオイルパックをするとツヤツヤですよ!

色のつかないニュートラル・ヘナもオススメです。


★オイル・ヘアパックのススメ

やり方はとても簡単!

乾いた髪・頭皮にたっぷり椿油をつけて10〜20分してから石けんシャンプーをして下さい。
油なので2度洗いが基本です。
ほどよく油分が残ってツヤツヤしっとりです。

このページのトップへ戻る

Copyright (C) flavour-salon All Rights Reserved.