自由が丘・銀座を中心にマンツーマンで施術する美容師mikaの美容コラムです。おすすめヘアケア剤や石けんシャンプーについても書いているので読んでみてね♪

美髪Q&A

●家でするトリートメントとサロンのトリートメントは違うの?

全然違います!
家でするトリートメントは髪のちょい内側までしか入っていきません。
シャンプーしたら落ちちゃいます。
サロンのトリートメントは髪の内側までしっかり入って閉じこめます。
たいていのものは1ヶ月くらいもちます。
髪を伸ばしたい方、キレイなロングヘアを保ちたい方はサロンでの施術のときに
トリートメントをプラスしていただくと断然美しいし、パーマやカラーのモチも違います。



●髪がゴワゴワで…サラサラに憧れます

しっかりトリートメントしていますか?
ゴワゴワの原因は癖毛だったり水分不足で傷んでいたり…。
癖毛は表面がデコボコですが、そこにトリートメントが吸着してサラサラになります。
内側に栄養分が入れば水分を蓄えることが出来るのでパサつきも解消されます。
もしストレートパーマをかけているなら、その前にサロンのトリートメントを試してはいかがでしょうか?



●1日2回のシャンプーは要注意!

2度洗いのことではありません。
朝シャワーと夜バスタイムのたびにシャンプーをすることです。
朝晩で2回もシャンプーしてますよ。
夜は1日の汚れを落とすためにシャンプーをした方がいいですが、眠っているときの汗や汚れは
お湯だけで充分落ちるのでシャンプー剤は必要ないです。
1日2回を1ヶ月も続けていると自分では気づかないかもしれませんが、
ものすごく髪質がバサバサに変わってしまいます。
夏は暑くて何度もお風呂に入ることがあるでしょう。でもシャンプーは1回だけにしてね。

シャンプーはしなくても髪を濡らしたら、開いたキューティクルを閉じさせるために
コンディショナーかトリートメントはして下さいね。



●寝癖直しに朝シャンはいい?

シャンプーは夜にしたほうが髪や頭皮のためにはいいです。
髪が伸びるのは夜中2〜3時から朝9時頃までと言われていて、この時間は毛穴が広がっています。
シャンプーしないで寝てしまうと、髪についているホコリやスタイリング剤が毛穴に入り込んで落ちにくくなります。
眠っている間に顔にも触れて肌荒れの原因になることも考えられます。

では寝癖は?

シャンプー剤は使わないで髪を濡らすだけにしましょう。
髪は濡れただけでもキューティクルが開いて傷みやすくなるので
髪が傷んでいる人は毛先の方だけコンディショナーやトリートメントを使いましょう。



●カラーがすぐ色落ちする

カラーは日々のシャンプーのたびに色落ちしていきます。
色味によっては落ちやすい色もありますが、異常に『色落ち』が早い場合は
洗浄力が強いシャンプーを使っていたり、朝のシャワー&夜のバスタイムのたびにシャンプーしていたりと
その人のヘアケアが原因ということもあります。
カラーしたばかりの1週間だけでもカラー専用品を使用してみてはいかがでしょうか?
髪がスカスカに傷んでいると、色素を蓄える力がないので色落ちしやすいです。
サロンのトリートメントをマメにして髪の内部を補強して下さいね。



●ドライヤーは傷む?

濡れた髪を乾かすなら傷みません。
濡れたままの方が傷みます。
濡れている髪はキューティクルが開いています。
この状態のまま寝てしまうとキューティクルがこすれて剥がれてしまいます。
髪を洗ったらよ〜くタオルドライして(ゴシゴシしないでね)水分を取ってからサッとドライヤーで乾かしましょう。



●髪が傷んでいるときに気をつけることは?

盲点なのは髪を結ぶゴム!
結び目のあるゴム、ラメゴム、飾りが付いているゴム…
髪がひっかかってキューティクルが剥がれて傷みます。
細いゴムは結び目が折れたようになって弱っていきます。

ゴムは太めで結び目がないものを選びましょう。
飾りのついたゴムは、その上からゆるめに使うといいでしょう。

このページのトップへ戻る

Copyright (C) flavour-salon All Rights Reserved.