自由が丘・銀座を中心にマンツーマンで施術する美容師mikaの美容コラムです。おすすめヘアケア剤や石けんシャンプーについても書いているので読んでみてね♪

石けんシャンプーの仕方

1.石けんシャンプー前にブラッシングをして髪のもつれをとっておきましょう。

2.お湯でざっと洗って汗や、汚れを流します。
(汗などの簡単な汚れはお湯だけで落ちます。)

3.石けんシャンプーは適量を使ってしっかり泡立てて頭皮を洗います。=弱アルカリ性

※石けんシャンプーのアルカリでキューティクルが開いているうちは、髪の毛が痛みやすいので
 髪の毛同士をこすらないように注意しましょう。
 また、出来るだけたくさん泡立てた方が、髪の毛同士がこすれないので泡ボトルなどを利用すると
 簡単です。

4.すすぎはシャワーを使って生え際から毛先に向かって勢い良く流します。
これでもか!というくらいすすぎましょう。

※すすぎの時に大量の石けんカスが発生するので、短時間で勢い良く流しましょう。
 生え際から、髪の毛の先に向かって一気に流すようにします。
 すすぎが不十分で、まだ髪の毛に石けんが残っているときにリンスすると、
 石けんは全て脂肪酸に変わって、髪の毛にべったりと吸着してしまいます。
 (リンスしたのに、仕上がりがベタベタになっちゃいます…。)

5.クエン酸(またはお酢)リンスをします。 =酸性

6.リンスをすすぎます。

※毛を酸性にしたままにすると痛むことがあるので湯ですすぎます。


その他.カラーリングなどで髪の毛が痛んだ人や冬の乾燥対策として。

*石けんシャンプーの時にハチミツを少し足して行う 。(泡がもこもこ!)
*リンスの中に椿油やグリセリンを入れる。(しっとりする)
*乾燥後に椿油などのオイルをつける。

このページのトップへ戻る

Copyright (C) flavour-salon All Rights Reserved.